離乳食(ゴックン期)の記録《5ヶ月半〜7ヶ月》

メキシコ生活

5ヶ月半から始めた離乳食!

開始からもうすぐ1ヶ月半が経ち、いわゆるゴックン期と呼ばれる初期がそろそろ終わろうとしているので、ここでこの初期の離乳食期間を振り返りたいと思います。

 

 

まず、離乳食を始めるに当たって日本から持ってきた調理器具、食器達がこれ!

メキシコにもすり鉢やおろし器は多分あるんですが、離乳食専用の調理器となるとなかなか売られていないので、コンパクトな調理器具一式セットを持ってきました。

離乳食初期はとにかく食材を全部すり潰すので、すり鉢と裏ごしプレートは大活躍でした。

後、意外に嬉しかったのはRichelの離乳食スタートセットについていたクールシート。

冷凍庫で冷やしておいて、熱々の食材が乗ったカップを入れて冷ましやすくするためのもので、これが結構役に立ちました。

こういう気の利いたグッズってメキシコにはほとんどないんですよね😅

 

 

次は、フリーズドライや粉末類の離乳食たち

メキシコにはフリーズドライや粉末タイプの離乳食はありません。

瓶詰めの離乳食はスーパーに売られていますが、まだ私は買ったことはありません。

夫と手分けしてかなり多めに買って持ってきました。が、主に外出時くらいしか粉末タイプの離乳食は使っていないので、まだ結構余っています。

野菜の粉末が主で、魚は少ししか持ってこなかったんですが、カンクンでは豆腐が滅多に手に入らないため、タンパク質を取るための魚や豆腐類の離乳食をもっとたくさん持ってきておけばよかったというのが少し反省です。

 

 

ダウンタウンの大きなスーパーでは、錦の他にもう何種類か日本米が売られていたりもしますが、私の家の近くのスーパーでは日本米はこの錦しか売られていません。

冷めると少しパサパサするので、日本で食べるお米に比べると味は劣る感じはしますが、それでもそんなにストレスなく普通に食べれるお米だと思います。

 

炊飯器ははじめメキシコで買ったものを使っていたのですが、保温機能はないわ、米櫃に米がこびり付きまくるわ、炊き上がりもパサパサだわ、で使い心地は最悪でした。

義母がカンクンに来る際に象印の炊飯器を気合で持ってきてくださって、私達夫婦のお米ライフは生き返ったと言っても過言ではありません。

やはり日本の家電は世界一!

離乳食のお粥作りにも大いに役立っています。

 

どんな反応するかドキドキでしたが、初めての食事は「無」の反応でした😅

お粥の他にも、人参、じゃがいも、ほうれん草は初日は「無」の表情のままもくもくと食べていました。

 

初めて嫌な反応を見せたのが白身魚。

スーパーで売っている冷凍の白身魚を湯がいてすり潰してあげたのですが、少し生臭かったのと、食感がパサパサしてたのが嫌だったみたいです。

お粥に混ぜたり、出汁で伸ばしたりしてあげると嫌がらず食べてくれるようになりました。

 

何でももくもくと食べてくれる息子くんですが、トマトペーストにはかなりの拒否反応を示しました😅

酸味がダメだったようです😅

食べながらブルブルと震えていました。

次は魚と混ぜたり、じゃがいもと混ぜたりして食べさせてみようと思います。

 

 

以上、離乳食初期の記録でした!

来週から2回食にする予定です。

食べられる食材もどんどん増えていくので、どんな反応が見られるかまた楽しみです☺️

コメント

タイトルとURLをコピーしました