ジブリタイトルから学ぶスペイン語

スペイン語

メキシコでも大人気のスタジオジブリ!

落書きがてら描いた絵がたまってきたので、

スペイン語タイトルと合わせて載せていきます。

 

 

千と千尋の神隠し→El Viaje de CHIHIRO

「旅をする」の原型はviajar(ビアハール)です。

旅行者が多いカンクンでは、「Buen viaje(ブエンビアへ)!=良い旅を!」というスペイン語がとてもよく使われます。

「神隠し」という単語は日本独特の概念なので、スペイン語では訳せなかったため削られているんだと思われます。

 

 

魔女の宅急便=Kiki:Entregas a domicilio

entregar(エントレガール)=届ける、引き渡す

domicilio (ドミシリオ)=住所

entregar a domicilioで宅配となります。

 

ちなみに、このタイトルはラテンアメリカ諸国で使われているもので、スペインならびにヨーロッパ諸国でのタイトルは「Nicky, La aprendiz de bruja です。

 

スペインでは「kiki」という単語にはよくない意味があるため、誤解を招かないように主人公の名前は「Nicky」に変えられています。

 

 

となりのトトロ=Mi Vecino TOTORO

Vecino(ベシーノ)=隣の、隣人

メキシコでもみんな大好きトトロ。

ちなみにMi(ミ)は英語で言うMyで、「私の」と言う意味です。

 

 

もののけ姫→La Prinsesa MONONOKE

Prinsesa(プリンセサ)=姫

Laは女性名詞の前につく冠詞です。(男性名詞の前にはel)

ちなみに個人的に一番好きなジブリ作品です。

 

 

天空の城ラピュタ→El Castillo en el cielo

Castillo(カスティージョ)=城

Cielo(シエロ)=空

スペイン語では「空の城」というタイトルになっており、「ラピュタ」の名前がありません。

「Laputa(ラピュタ)」をスペイン語読みすると「La puta(ラ プータ)=売春婦」という意味になり、スペイン語圏の人にとってはタブーの単語となるからです。

誤解を招く恐れがあるため、英語タイトルでも「Laputa」の文字は削られています。

劇中でも、「castillo(城)」と置き換えられたりできるだけセリフに「ラピュタ」という単語が入らないように作られているらしいです。

 

 

 

とりあえず今日はここまでです!

またジブリイラストが描きたくなったら、スペイン語タイトルをつけて更新するかもしれません。

息子くんがもう少し大きくなって、一緒にジブリ映画を見れる日が今から既に待ち遠しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました